(2017-12-19)東京女子大学にて無料の講演&歌三線演奏
2017年度、高校一年英語教科書に比嘉光龍が掲載
(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その7)
(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その6)
(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その5)
(2017-1-28)今日や、うちなー正月でーびる!
(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その4)
(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その3)


(2017-12-19)東京女子大学にて無料の講演&歌三線演奏

御総様(ぐすーよー)、皆さま、急な催しの案内で申し訳ありません。来週2017年12月19日(火)に東京女子大にて無料の講演&歌三線演奏を行います。奮ってご参加下さい。ってあと6日後ですけど(笑)


2017年度、高校一年英語教科書に比嘉光龍が掲載


1番上は教科書「Power On」の表紙

2番目はLesson8にあるMr.Fija and Uchinaaguchi表紙

3番目はLesson8のP102私についてのクエスチョン

4番目は教科書「Power On」見開きにあるLesson8関連資料



御総様(ぐすーよー。皆様の意)

4年間の審査を経て、今年2017年4月の新年度から高校1年生のみですが、英語の教科書に私が掲載されました。

教科書会社は東京書籍で、その英語教科書名は「Power On」といいます。高校1年生の英語教科書販売部数日本一だそうです。

全部で10章あり、その内8章目、教科書内ではLesson8と言いますが、そのタイトルが「Mr.Fija and Uchinaaguchi」です。

教科書の内容ですが、「うちなーぐちとは?」とあり、危機言語としてユネスコ(国連教育科学文化機関)が2009年に指定し、このまま対策を講じなければ消滅してしまうとあります。

さらに私の生い立ち、また、20代前半に米国に行きロックスターを目指すが夢叶わず帰国し、三線の生演奏を聞いたことで、故郷の良さに気づき、三線とうちなーぐちに専念する決心をしたとあります。その後、うちなーぐち話者を見つけ、会話練習し、それから大学などで、うちなーぐちを教えるようになった現在までも触れています。

この教科書ですが、県内4か所のみしか採用されていないので、もっとこの教科書を扱う高校が増えることを願います。ちなみにこの教科書は向こう5年間使用される予定ですので、2021年度まで販売されます。

高校の英語教師、もしくは高等学校関係者の方々、この教科書採用御願さびら(お願いします)。

教科書を見てもらえれば分かりますが、私はLesson8ですが、Lesson7では宇宙飛行士の古川さんが取り上げられ、Lesson9ではノーベル平和章も受賞した南アフリカの元大統領ネルソン・マンデラ氏が取り上げられています。

あきさみよーやいびーん。

私は中学、高校時代ほとんど勉強しない、どちらかというと不良学生でした。しかも私は高卒です。大学も出ていないのに、現在、沖縄キリスト教学院大学と沖縄国際大学の2か所で、非常勤で後期のみですが週一で教えています。

大学で教壇に立ってほしいと頼まれた時にも驚きましたが、教科書に掲載されることになるとは、よし、今度はグラミー賞を取ろう(笑)


(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その7)


御総様(ぐすーよー。皆様)

琉球新報ウェブサイトで紹介されている私の記事(その7)です。

音声もありますので下記アドレスにアクセスして見て下さいね。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-378156.html

また、取材時に私が語ったことをまとめた文章があり、それも記します。


7)又ん行会やびら
 大会を終えて、親戚らで歓迎する日程も全て終了すると、各家庭で、空港で、見送る光景が広がるんだろうね。
 ちょっと寂しくなるはずだけど、「また会いましょう」の意を込めるなら、「又(また)ん行会(いちゃ)やびら」だと思うよ。
 「またきっと会えます(会いましょう)」という意味を込めて、送り出すには一番いい言葉じゃないかな。


(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その6)


御総様(ぐすーよー。皆様)

琉球新報ウェブサイトで紹介されている私の記事(その6)です。

音声もありますので下記アドレスにアクセスして見て下さいね。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-378158.html

また、取材時に私が語ったことをまとめた文章があり、それも記します。


(6)又(また)ん行会(いちゃ)いるくとぅなてぃ、一杯(いっぺー)うぃーりきさいびーん
 海外から久しぶりに帰ってきた親戚たちを迎える時に、「再会できて感激している」と強く感動した気持ちを伝えるには、
「又ん行会いるくとぅなてぃ、一杯うぃーりきさいびーん」という言い回しがいいのではないだろうか。
 会うことを「行会いん」、うれしい、喜ばしいという時は「うぃーりきさん」と言うんだ。
 ちょっと長いフレーズで発音も難しいけど、練習して、自分の感動を言葉で言い表せるようになるといいと思うよ。


(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その5)


御総様(ぐすーよー。皆様)

琉球新報ウェブサイトで紹介されている私の記事(その5)です。

音声もありますので下記アドレスにアクセスして見て下さいね。

http://www.ryukyushimpo.jp/news/entry-378159.html

また、取材時に私が語ったことをまとめた文章があり、それも記します。


(5)御胴ぬ喜ぶし見ち、幸しやいびーん
 沖縄に戻ってきて、うれしそうにしている知人、友人には
「御胴(うんじゅ)ぬ喜(ゆるく)ぶし見(んー)ち、幸(しあわ)しやいびーん」と言ってみようか。
 「あなたの笑顔が見られて幸せです」という意味だよ。
「笑(われー)顔(がう)」という言葉もありはするけど、話し言葉などで使われているのは聞いたことがないね。
だから、「喜ぶのを見て」という表現でいいと思うんだ。


(2017-1-28)今日や、うちなー正月でーびる!


御総様、良正月でーびる!

今日ぬ大和ぬ暦や1月28日やいびーしが、うちなーや正月朔日やいびーん。

我んねー生まり年当たてぃ、今年や良年なしぇーやーんち思とーいびーん。

てぃーち酉年ぬ歌んでー詠まびたん。御目掛きてぃ呉みしぇーびり。

今年ん良たさる如御願さびら。

日本語訳)

皆様、明けましておめでとうございます。

今日の新暦は1月28日ですが、旧暦は1月1日です。

私は酉年生まれなので今年は良い年にしたいです。

ひとつ、酉にちなんだ琉歌を作ってみました。読んで頂ければ幸いです。

今年も宜しくお願い致します。


(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その4)



御総様(ぐすーよー。皆様)

琉球新報ウェブサイトで紹介されている私の記事(その4)です。

音声もありますので下記アドレスにアクセスして見て下さいね。

http://www.ryukyushimpo.jp/news/entry-378160.html


また、取材時に私が語ったことをまとめた文章があり、それも記します。(文中「しまくとぅば」を「うちなーぐち」に変更)


(4)如何頑丈やみしぇーてぃー
 「お元気でしたか?」と聞きたいときは「如何頑丈(ちゃーがんじゅー)やみしぇーてぃー」と言ってみよう。
もし、相手から聞かれ、自分が元であれば「頑丈やいびーたん」と返すといい。
 うちなーぐちには「元気」に当たる言葉がない。
「気概(ちげー)」「根気(くんち)」など、状況によって使い分けているよ。


「添文(しーぶん)」

海外などで「如何頑丈(ちゃーがんじゅー)?」、訳すと「元気?」という使い方をするのを良く見聞きします。

これは日本語訳を見ても分かる通り、かなりくだけた表現だと言えます。

確かに日本語で「元気?」とも言えますけれども、本来なら、年上には「お元気でしたか?」、
年下には「元気だった?」と言いますよね。

ですから、「お元気でしたか?」は上にある通りで、「元気だった?」は「頑丈やてぃー?」と言います。


(2016-10-19)琉球新報ウェブサイトが私の記事を7回に分け紹介(その3)


御総様(ぐすーよー。皆様)

琉球新報ウェブサイトで紹介されている私の記事(その3)です。

音声もありますので下記アドレスにアクセスして見て下さいね。

http://www.ryukyushimpo.jp/news/entry-378161.html


また、取材時に私が語ったことをまとめた文章があり、それも記します。

(3)初みてぃやーさい・初みてぃやーたい

 今回が初めての対面という人たちも珍しくはないだろうね。

 年下の人には「初(はじ)みてぃやー」だね。あなたが女性で、だいたい同年齢の人に言うのなら「初みてぃやーたい」、
 あなたが男性であれば、「初みてぃやーさい」となるね。

 年上の人に失礼のないようにごあいさつ申し上げる場合には
「初みてぃ拝(をぅが)なびら」(初めまして)に続けて、「我(わ)んねー〇〇んでぃ、言ちょーいびん。
 見知(みーし)っちょーてぃ呉(くぃみ)みしぇーびり」(私は〇〇と申します。お見知りおきくだいませ)でバッチリだよ。


「添文(しーぶん。「おまけ」の意で語源は「添分」)」

「初めまして」を少し解説。

一番丁寧なのは「初みてぃ、御行会拝なびら(はじみてぃ、うぃーちぇーをぅがなびら)」
       意訳「お初にお目にかかります。」

2番目に 「初みてぃ拝なびら(初めまして)」

3番目に 「初みてぃでーびる(初めまして)」

4番目に 「初みてぃやー さい・たい(初めまして)」と言えます。

2〜4までは「初めまして」としか訳せないけど、うちなーぐちでは相手によって言葉を使い分けます。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

比嘉光龍オフィシャルサイト

008442
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71