私の初著作『沖縄語リアルフレーズBOOK』が今日発売されました!
2015年8月2日 「沖縄の自己決定権」発売記念 新垣毅さんトークイベント
2015年7月11日(土)に宜野湾市民会館にてうちなーぐち無料公演
2015年度も南城市民対象無料うちなーぐち講座開催します。
第7回 琉球継承言語シンポジウム
アメリカ系うちなーんちゅの会シンポジウム!
ワシントン・ポストのWeb site に記事が掲載!
民族の創出」(岡本雅享著)の私の書評が沖縄タイムス紙に掲載


私の初著作『沖縄語リアルフレーズBOOK』が今日発売されました!

御総様(ぐすーよー。皆様の意)

 私の初の著作『沖縄語リアルフレーズBOOK』(研究社)が今日2015年8月22日発売されました!

苦節2年頑張って書き上げました。

辞典・辞書など語学書を多数刊行している研究社(1907年創業)に「〇〇語リアルフレーズBOOK」シリーズがあります。そこで「うちなーぐち(沖縄語)」もという企画が出て、私に依頼が来ました。このシリーズは必ず男女の短い会話を掲載という内容で、私は238の会話を考えました。

私は1969年生まれなのでうちなーぐちはネイティヴとは言えませんが、頑張ってうちなーぐちと日本語はバイリンガルと言われるレベルまで努力しました。その甲斐あって、沖縄タイムスワラビーの日本語見出しをうちなーぐちに翻訳するという仕事をもらい、もう4年近く継続中です。さらに、沖縄キリスト教学院大学と沖縄国際大学で、うちなーぐちを教えています。

私は、うちなーぐちを執筆、講義などする際には、まず『沖縄語辞典』(国立国語研究所編)を調べ、その後、大正6年、首里士族の家系にお生まれになった、屋嘉比さんという女性に尋ねるという作業を徹底しています。ですから、この本の全ては辞典と、屋嘉比さんのチェックが入っています。また、他界された私のうちなーぐちの師匠で沖縄芝居の名優、真喜志康忠先生の話す、那覇言葉と首里言葉のまじった「芝居言葉」も2割ほどはまぜてあります。

値段は1400円+税です。音声は、私と沖縄芝居女優の伊志嶺忍さんの会話が無料でダウンロードできます。

今日、東京の大きな書店に電話したら置いてあると確認できました。

是非、お買い求めを、良たさる如、御願さびら(ゆたさるぐとぅ うにげーさびら。よろしくお願いしますという意)。


2015年8月2日 「沖縄の自己決定権」発売記念 新垣毅さんトークイベント

御総様(ぐすーよー。皆様の意) 

私の知人である琉球新報社記者の新垣毅氏の連載していた記事が出版されることになりました。

この本に書かれていることを少し抜粋し、まとめると、「1854年琉球王国は米国と独自に修好条約を結んだ。したがって国際的には独立国として認められていたのに、日本は武力により独立国である琉球を崩壊させる」という内容です。


それで、8月2日(日)15時〜、那覇市のジュンク堂にて刊行記念として彼がトークをするイベントが開かれるとのことです。是非、皆さん参加して下さい。

また、この本を是非読んでいただき、本当の琉球・沖縄の歴史を知ってもらえればと思います。


2015年7月11日(土)に宜野湾市民会館にてうちなーぐち無料公演


御総様(ぐすーよー、と読む。皆様の意)

7月11日(土)の午後2時〜4時に宜野湾市立中央公民館にて私が「使てぃ行ちゃびら うちなーぐち」という題で講演を行います。

歌三線演奏もします。

また、うちなーぐちの面白話もしたいと思います。

そして、うちなーんちゅのアイデンティティを確立するには「我んねー(私は)うちなーんちゅ」と言えることが大切だということも是非述べたいと思っています。

入場無料です。席はたくさんあります。友人、家族、親せき、周りのお年寄りも一緒にめんそーり(いらっしゃい)。


2015年度も南城市民対象無料うちなーぐち講座開催します。


今年も私、比嘉光龍(ふぃじゃ ばいろん) が南城市民対象の全5回無料講座を行います。

日時 2015年6月3日、 6月10日、6月17日、6月24日、7月1日。
   毎週水曜日 19時〜21時

場所 南城市中央公民館(旧玉城中央公民館)

講座料 無料(南城市民・在勤者のみ)

初心者から上級者までどんな方でも大歓迎ですので、うちなーぐちに興味のある方はめんそーり(いらっしゃい)

 


第7回 琉球継承言語シンポジウム

御総様(ぐすーよー)、年に一度行う琉球継承言語会というグループの発表を行います。

今年2015年は、私がうちなーぐちを教えている沖縄キリスト教学院大学にてです。

3月7日、8日の両日、朝9時〜17時ころまでみっちり琉球諸語の研究者がありんくりん(あれもこれも)発表します。

入場無料です。

私の発表は3月8日(日曜)の14時45分から1時間ほど行います。

時間のある方はめんそーれー!


アメリカ系うちなーんちゅの会シンポジウム!


2014年12月6日(土曜)琉球大学にて初の「アメリカ系ウチナーんちゅの会」シンポジウムを行います。

入場無料です。

前衆議院議員の玉城デニーさんもかけつけてくれます。

良たさる如、御願さびら(ゆたさるぐとぅ うにげーさびら。よろしくお願いします)。


ワシントン・ポストのWeb site に記事が掲載!




御総様(ぐすーよー。皆様の意)

アメリカの有名な新聞「ワシントン・ポスト」記者から取材を11月の初めに受けたのですが、Web site にその取材された記事が掲載されました!

下がリンクです。

http://www.washingtonpost.com/world/in-japans-okinawa-saving-local-languages-is-about-more-than-words/2014/11/26/f1b8e2d0-7023-11e4-a2c2-478179fd0489_story.html


現在、沖縄キリスト教学院大学にてうちなーぐち講師をつとめていますが、そこで講義をしている様子の写真が大きく掲載されています。

ワシントン・ポストの記者が「日本語と対比させて聞いてすぐに違いの分かる、うちなーぐちの単語を記事にしたい」と言ったので、


うちなーぐち「我(わ)んねー、うちなーんちゅやいびん」
日本語   「私はおきなわ人です」
英語    「I am Okinawan」


うちなーぐち「初みてぃ拝(をぅが)なびら」
日本語   「初めまして」
英語    「Nice to meet you」


うちなーぐち「御拝(にふぇー)でーびる」
日本語   「ありがとうございます」
英語    「Thank you very much」


うちなーぐち「いめんしぇーびり」
日本語   「いらっしゃいませ」
英語    「welcome」

と上記4つの単語の音声を録音してもらいました。この4つがWeb site上で聞けます。

ちなみに、うちなーぐちは私が発音したものですが、日本語は、キリスト教学院大学の私のうちなーぐち講座の生徒、伊禮海くんという、少し、うーまくー(腕白)の生徒に協力してもらいました(笑)

記事は諸(むる。全部という意)英語です。読める方はどうぞお読みください。

我んねー、読みかんてぃー そーいびーしが(笑)


民族の創出」(岡本雅享著)の私の書評が沖縄タイムス紙に掲載


2014年10月18日(土)の沖縄タイムスに、私の書いた「民族の創出―まつろわぬ人々、隠された多様性」(著「岡本雅享(おかもと まさたか)」福岡県立大学准教授 岩波書店)書評が掲載されました。


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

比嘉光龍オフィシャルサイト

009772
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71