68 那覇市のてんぶす館にて大分県の中学生にうちなーぐちを教えました  2011/07/13(水)
67 ハワイのうちなー系アメリカ人にスカイプでうちなーぐちを教えています  2011/07/12(火)
66 沖縄県薬剤師会への講演  2011/07/10(日)
65 沖縄大学にて講義を行ってきました。  2011/07/08(金)
64 那覇市真地にあるウエルカルチャースクールにてうちなーぐちを教えています  2011/07/02(土)
63 障がい者就労支援施設「ちいろば」にて毎月うちなーぐち講座をやっています  2011/06/29(水)
62 NHK沖縄放送「うちなーであそぼ」に脚本のみならず出演も  2011/06/18(土)
61 沖縄県老人クラブ連合会幹部宿泊研修会にて講演  2011/06/15(水)


68 那覇市のてんぶす館にて大分県の中学生にうちなーぐちを教えました

上の写真はてんぶす館内の和室にて、くつろいで私の話しを聞いている様子。

下の写真は、私が弾くカチャーシーで、初体験ながらも皆、楽しそうに踊ってくれました。



那覇市内にてんぶす那覇http://www.tenbusu.jp/と言う多目的文化ホールがあります。

そこに「体験学習」で、「沖縄の芸能・文化が全て学べるプログラム」というものがあり、そこで依頼があれば、出かけていき、うちなーぐちを教えています。

そこには、三線、太鼓、舞踊など色々な講師の方がおり、私は唄三線者という片書きは持ちますが、教えるのは、うちなーぐちのみです。

良く、「三線を教えて下さい」とか、「教えてないのですか?」と聞かれますが、すみません、教えていません。

なぜかというと、単純な理由からです。それは、私はどこの協会にも属していないからなのです。

教えても生徒達が発表できる場所がなければ、生徒達はのびません。

だから、民謡や古典音楽の協会などは、必要な存在だと思います。

はい、話を戻して、私はこの那覇市ぶんかテンブス館にて、うちなーぐちを教えていますが、ここからの依頼は、他府県の中学、高校生の修学旅行生がほとんどです。

大学生にも教えたいのですが、大学生にもなると団体で修学旅行は行かないのかもしれませんね。

これを見て下さっている各種学校、団体の関係者のみなさま、てんぶす館では、琉球の文化が学べますのでぜひ、ホームページをごらんになってご検討下さい。

ただの観光旅行のみならず、琉球文化を体験するなんて素晴らしいと思います。


さて、今回は大分県のある中学校へ、うちなーぐち(おきなわ語)を講義しました。

私は、ずっとボケていたので、中学生も最初は緊張していましたが、次第に笑って、最後は私の弾くカチャーシにのせて楽しそうに踊ってくれました。

御拝(にふぇー)でーびる。


今度は高校生になって会いましょう。
Date: 2011/07/13(水)


67 ハワイのうちなー系アメリカ人にスカイプでうちなーぐちを教えています


上の写真はハワイのメンバーから見た私の姿。

下の写真は、私がうちなーからスカイプを通じて見たときの皆の様子です。



ハワイに去年行った時の報告はこのブログでたっぷり書きましたので、興味のある方は過去の私のハワイについてのブログも見て下さいね。

さて、ハワイには、戦前・戦後を通じてたくさんのうちなーんちゅ(おきなわ人)が移民として渡りました。

その移民として渡った、うちなーんちゅの子孫のなかには、うちなー文化を守っていこう、また、継承していこうという人もかなり多く、ハワイではうちなー文化はかなり盛んなのです。

ただし、それは、唄や踊りなどがほとんどで、肝心のうちなー文化の根源であるうちなーぐちは、あまり継承されていないのが実状です。

まあ、ハワイに何もかも求めてもしようがないですけどね。当のうちなーでもほとんど、うちなーぐち継承活動は行われていないのですから。

しかし、やはりそれでは、おかしいでしょうという人はやはりいます。

その人達は、ハワイのうちなー系アメリカ人たちで結成された「御冠船歌舞団(Ukwanshin Kabudan)」です。

彼らの依頼により、月に2回ほどスカイプからですがメンバーの質問に答えています。

何回か続いたので、それを私のブログに掲載するから、そっちで私がおしえている様子をカメラに撮ってくれないかとお願いしました。

そして、その日の内にハワイから写真がメールで送られてきました。

すごいですね、技術の進歩ですよ。

私はハワイにいないんですよ。いないのにその様子がハワイで写真を撮られ、しかもその日の内に、その写真が送られてくるなんて、すごい、すごすぎる。

でも、まあ、今の社会では、当たり前と言えば当たり前の事ではありますけど。

ハワイでも、うちなーぐちが継承されて行くことを望みます。

それにしても私は白人系で、ハワイのメンバーのほとんどは、写真を見ていただければ分かるように東洋系です。
白人系のうちなーんちゅの私が、東洋の言語、うちなーぐちを、うちなー系アメリカ人に教えるというこの構図。

これを、日本社会に知ってもらいたいなあ。

私は、日本社会では外国人扱いですからね。

これを読んで下さっている皆さん。私は日本国籍しかない、うちなーんちゅだと言う事を理解して下さいね。

皆の衆、そこんところ、ゆたさるぐとぅ(よろしく)。
Date: 2011/07/12(火)


66 沖縄県薬剤師会への講演


上の写真は私が、皆にうちなーぐちで語りかけている様子です。

下の写真は、私の奏でるカチャーシーで、即興の「あっちゃめー」踊りを、皆が踊っている様子です。年の功か、皆さん素晴らしいあっちゃめーを踊ってくれました。



さて、沖縄県薬剤師会からの依頼で、講演を行ってきました。

実は、去年も依頼されていましたが、時間が合わず実現できず、今年は都合が付きました。

沖縄県薬剤師会というので、皆、お堅い先生方ばかりで、うちなーぐちは通じないだろうと思っていました。

ところがどっこい、平均年齢はかなり高く、私の親の世代の方や、祖父母くらいの世代の方がほとんどで、最初、うちなーぐちで面白い話をしたら、皆、大笑いしてくれたので、想像していたのと違い驚きました。

うちなーぐちで色々な話しをしましたが、皆、笑ってくれたり、感心をもって聞いてくれたりで、私は嬉しくなり、最後まで、ほとんどうちなーぐちで講演しました。

予想を良い意味で裏切られ、とても気持ち良く、講演をする事ができました。

この講演の二日前、沖縄大学で講演をした際は、皆、平均年齢が二十歳から二十二歳くらいまでだったので、うちなーぐちはほとんど通じず、寂しかったのですが、今日は思いっきり、うちなーぐちで話せて、いっぺー、ゐーやんべー、やいびーたん(とっても気持ち良かったです)。

沖大の生徒達、勘違いしないでね、沖大は沖大で楽しく講演できたんですよ。

ただ、うちなーぐちですべて講演をやれる空間というのは、私自身にとっては、とても貴重な時間です。

私の親や、祖父母が元気な内はこれからも可能でしょうが、それは後、何年続くのでしょうか?

私がおじいちゃんになる頃には、私は誰に向かって、うちなーぐちで語りかければ良いのでしょうか?

私が百歳になっても、うちなーぐちで語りかけると、笑ってくれる聴衆を育てる、これが私の使命なのだとつくづく感じます。
Date: 2011/07/10(日)


65 沖縄大学にて講義を行ってきました。


一番上の写真は講義をしている様子。

二番目の写真も同じく講義をしている様子ですが、左端に写っている女性が、今回私を呼んでくださった、ヒギンズ教授です。

三番目の写真ですが、やはりカチャーシーになると、うちなーんちゅの血が騒ぐのでしょうね、講義の最中なのに盛り上がっています。



沖縄大学にて50人ほどの生徒に、うちなーぐちについての講義を行ってきました。

私を呼んで下さったのは、沖縄大学で英語を教えている、ジャネット・ヒギンズ、いや、ヒギンズ・ジャネット教授です。

日本では、比嘉バイロンと姓を先に書きますが、欧米では、バイロン比嘉(Byron Fija)と姓は後に書くと言う事は誰でも知っている事ですが、しかし、現在では、英語で書く時にでも、日本人の名前ならば、比嘉バイロン(Fija Byron)とそのままにするべきだという流れがあり、ヒギンズ教授はイギリス人ではありますが「郷に入っては郷に従え」と、日本式に、ヒギンズ・ジャネットと名刺に書いています。

さて、そうやって自国イギリス以外の国の文化も尊重する姿勢を持っている、ヒギンズ教授とは、一度だけ沖縄大学でお会いしました。その時には、私の活動をテレビで見た事があると言われて、「そうですか、御拝(にふぇー)でーびる」と少し話しただけでした。

ヒギンズ教授の教える英語の科目の中で「多言語使用(Multilingualism)」についての授業があり、そこで、テレビなどでも取り上げられている私の活動についての話を生徒達に聞かせる事は面白いのではと思ったようなのです。

早速ヒギンズ教授から沖縄大学を通して依頼があり、私はこの素晴らしい申し出を引き受けました。

さて、生徒達に、何から語って良いか、もうほとんどが、うちなーぐちを聞く事も話す事もできない生徒ばかりです。

私が、うちなーぐちで話してもまったく分からない様子でした。

私は講演・講義をする際、言語地図をまじえながら「2009年2月、ユネスコが琉球諸島に6つの言語があると発表した」という説明をします。これは必ずやるのですが、しかし、最近私はそれだけでは何かものたりないと思い始めていました。

うちなーぐちは方言ではなく言語だと言う事は、何もユネスコが言わなくても当たり前のことではありますが、それをきちんと理解してもらうには、やはり琉球・うちなーの歴史を知る事が大切だと思うのです。

ここで、書くと長くなるので割愛しますが、とにかく、私が最近特に力説しているのは、「1879(明治12)年日本侵略により琉球王国崩壊、沖縄県強制設置」と言う事についてです。

これをきちんと知れば、うちなーぐちが方言ではないという事について、きちんと考えられる一助になると私は思うのです。

皆に質問しましたが、1879年について知っているのは2人でした。

さらに、何が起こったのかをきちんと説明できる生徒はゼロでした。

織田、豊臣、徳川などの歴史は知っているし、「1192作ろう鎌倉幕府」などは試験にも出るから皆ほとんど分かるでしょう。

しかし、琉球・うちなーの歴史で一番大切な年、1879(明治12)年はほとんど知らないし、ましてや、何が起こったのかはほとんど、沖縄の学生たちは知りません。

だから、うちなーぐちは方言でも良いと考えるのです。

歴史教育、これはとても大切な事だと思います。
Date: 2011/07/08(金)


64 那覇市真地にあるウエルカルチャースクールにてうちなーぐちを教えています


上の写真2枚とも楽しく講義をしている模様です。


那覇市真地にあるウエルカルチャースクール

http://www.well-culture.jp/top.html

にて隔週(第一、第三)土曜日の午前9時半から11時までの1時間半ですが、「光龍ぬうちなーぐち講座」と銘打ち、うちなーぐちを教えています。

講座は月に2回、3カ月を1期とするので、6回の講座を教えます。

今期は今日7月2日(土)から始まりました。

途中見学も可能ですので皆さんどしどし見学にいらっしゃって下さい。

待っちょーいびーんどー(待っていますよ)
Date: 2011/07/02(土)


63 障がい者就労支援施設「ちいろば」にて毎月うちなーぐち講座をやっています


上の写真2枚とも講義をしている模様です。


障がいと言う言葉はあまり好きではないのですが、今のところ障害の「害」を「がい」とひらがなにするぐらいしかこの言葉に変わる語を見出せません。

皆さん、何か他に良い言葉がありましたら教えて下さい。

さて、この障がい者就労支援施設というものはどういうものか、あまり分からない方もいらっしゃると思いますが、簡単に説明すると、障がいを持っている方は小中高校と特別支援学校(現在は養護学校とは言わない)に通う方が多いのですが、中学、もしくは高校を卒業した途端に彼らは社会人となります。

その社会人になってからが問題だらけなのです。

社会人というのは基本的に仕事を持っている方を指すと思います。

その仕事先があまりないのです。

それは障がいを持つがゆえ就職先がないという現実があるからです。

一概に障がいと言っても精神、身体など細かく色々な障がいに分かれていきますが、その中にはかなり健常者(この言葉もあまり好きではない)と同じ事を出来る人も結構いるのです。

しかし、社会的な偏見が根強く残っていて、少しでも健常者と違う事をする事を、健常者の社会は許しません。

障がい者に寛容な社会、これを実現する為に「ちいろば」は日々社会へ働きかけています。

その中で私に何ができるのか分かりませんが、うちなーぐちを教え、その中でうちなー民謡も唄わせたりしています。

私はこの「ちいろば」の代表、石垣春美さんに、「うちなーぐちを話せたからと言って就職に結びつくわけでもないし、ましてや健常者たちでさえも、うちなーぐちに対してあまり関心がない世の中なのに、なぜ、うちなーぐちを彼らに教える必要があるのか?」と少しきつい問いかけをした事もあります。

彼女曰く「光龍の存在そのものが彼らにとってインパクトがあるし、それを見て彼らは学ぶことがあると思うから」と言ってくれました。

確かに私は彼らにうちなーぐちのみならず、こういう事も言います。

「私の父は米国人、母はおきなわ人、しかし、父親はまったく知らない。生後すぐに、母の兄夫婦、つまりおじ、
おばに育てられた、とかなり個人的な事を行く先々で私の事を外国人だと思っている人に語ります。そうしないと偏見を持たれるし、差別されかねません。だから皆も大変かもしれませんが就職をする際面接で、また最初に働く時にも、同僚の方に私はこういった障がいを持っていますと言えるような強い心を持ってもらいたい、自分の障がいを職場で言えないと差別されかねない」と少しきつい事も言います。

他にも基地問題やうちなーぐちを復興させる方法は?などとかなり難しい事も彼らに問いかけます。

難しいながらも彼らは彼らの独自の考えを述べるのでとても参考になる事が多いです。

彼らと接してきて2年近くになるのですが、彼らから学ぶことがどんなに多い事か。

こういう機会を与えて下さってちいろばに感謝です。御拝(にふぇー)でーびる。
Date: 2011/06/29(水)


62 NHK沖縄放送「うちなーであそぼ」に脚本のみならず出演も


上の写真は、NHKの撮影スタッフ達と打ち合わせをしている場面。

下の写真は、「ゴーヤ、ゴーヤ」と間違って連呼する孫達に、「ゴーヤー」と語尾を伸ばす正しいうちなーぐちを教えてとお客さん役の私が言い、それにわびをするおじいさん役の八木政男さん。




御総様(ぐすーよーと読む。皆さまという意味)、NHK沖縄が放送している「うちなーであそぼ」という番組(NHK教育にて月曜午後5時25分〜30分、金曜午前7時25分〜30分。)に私は脚本を書いています。

その詳細は

http://www.nhk.or.jp/okinawa/asobo/theater/index.html

でご覧ください。

さて、今回は「おしりをのばして」という題で脚本を書いたのですが、そこにお客さんが登場する役も、一言二言ですが書きいれました。

ディレクターにお客さん役は、年輩の方が適切かもしれませんが、私がやっても良いですよと冗談半分で言ったら、出演して下さいとなり、やるはめになってしまいました。

私は司会業や講演、講義など人前に出るのは別になんともないのですが、今回はなぜか大御所の八木さんの前というのもあり、柄にもなく金武町(笑)、いや、緊張してしまいました。

自分でも珍しいです緊張するなんて。

私は、唄三線演奏、トークなどは何にも問題はありませんが、芝居をする、演技をするというのは苦手かも。

いや、それでも今後は映画やドラマにも出演して俳優業も、もしかしたらやるかもしれませんので勉強させていただきました。

でも、今回の役はお客さん役で、本当に10秒くらいのチョイ役ですよ、それで緊張するなんて、俺、演技には向いていないかも。

でも、妻に「たったこれだけの事で向いている、向いていないという判断は早いでしょう」と言われ、それもそうだと思いました。

今回撮影した「おしりをのばして」は9月頃放送予定です。

御目掛(うみか)きてぃ、うたびみしぇーびり(ご覧になって下さいませという意味)。
Date: 2011/06/18(土)


61 沖縄県老人クラブ連合会幹部宿泊研修会にて講演


上の写真は、講演の前半部分。私の講演は、はじめに必ず唄を唄います。

下の写真は、最後にお決まりの私のカチャーシーにのせ皆が踊る場面。



昨日は西原町の高齢者学級でしたが、今日は沖縄県老人クラブ連合会から頼まれての講演です。

前にも頼まれましたが今年も、華(はねー)かち呉(くぃ)みそーり(盛り上げて下さいという意味)と頼まれ、気張(ちば)てぃ来(ちゃー)びたん(頑張って来ましたという意味)。

ただ、昨日の西原町の講演は中央公民館で気楽な感じで出来たのですが、今日はリザンシーパークホテル谷茶ベイという大きなリゾートホテルでしたので気楽にはできないなと思い少し構えて講演に臨みました。

いつもは笑いを多く、唄も多く、あまり難しい話はせずに面白おかしく講演する事が多いのですが、今日は場所も高級リゾートホテル、聴衆も老人クラブの幹部の方々、これは、少し学術的な話もまじえ講義も含めてやってみようと思い2時間講演頑張りました。

しかし、不調でした。

いやー、幹部の方々とはいえ、老人クラブの方々ですので、難しい話は私から期待していなかったかも。

具体的には、うちなーぐちを含めた琉球諸語はユネスコが方言ではないと2009年に発表しました、ですから、うちなーぐちをハワイのハワイ語を見習い学校教育に導入していきましょう!という内容の話を30分以上やりました。

そうしたら、ただでさえリラックスできない雰囲気の高級リゾートホテルの宴会場が、もっと固まってしまいました。

最後にカチャーシーをやり無理やり軌道修正しましたが、それでも不調感はぬぐいきれず、微妙な感じで講演を閉じました。

反省。

私は主張したい事がとても多いです。けれどもたくさんの事を言っても相手に準備ができていないとか、タイミングとか、時期が早いとか、色々な状況があると思います。

言いたいのは、つまり、俺ってKYだったのかも、とまたまた反省してしまいました。

これからは空気読むように頑張ります。

御無礼さびたん。
Date: 2011/06/15(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

比嘉光龍オフィシャルサイト

017753
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71