109 佐敷の真徳苑の敬老会にて演奏  2019/11/30(土)
108 「沖縄本島」ではなく「沖縄島」,「本島」「離島」という表現は差別・・・  2019/11/12(火)
107 私が Power Onという日本全国の高校英語教科書に掲載中です!  2019/10/26(土)
106 沖縄市のOkinawa MICE Project 2019で歌三線ゆんたく披露  2019/10/16(水)
105 すぬいぬ漢字や州海苔やたん! (すぬい⦅もずく⦆の語源がわかった!)  2019/09/30(月)
104 沖縄科学技術大学院大学 The Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST)にて講演  2019/09/28(土)
103 うちなーの80代以上の歩っちゃ舞はHeavy metalのmosh!?  2019/09/23(月)
102 某会社の創立90周年パーティーにてかちゃーしー演奏!  2019/08/24(土)


109 佐敷の真徳苑の敬老会にて演奏

昨日2019年11月29日(金)佐敷の真徳苑の敬老会でゆんたく歌三線余興を披露してきました。

写真にある通り最後の定番かちゃーしーと、私が頭を下げているのは確か102歳になるというおばあちゃんがいてその方に

「我んにん102歳あやかーらち、御賜(うた)
びみしぇーびり(私も102歳の長寿をあやからせて下さいませ)」と述べながら102歳のおばあちゃんからパワーを頂いている様子です。

この後、職員の方が同じく後ろで見ていた90代くらいのおばあちゃんが「生きていて良かった!」と私のゆんたく歌三線余興を聞いた感想を述べていたそうです。

そう言ってもらえてくれたことが私は本当に嬉しく、その言葉を伝えてくれた職員の前ではウルウルしただけで止めましたが、帰りの車中でその言葉を噛みしめ一人涙そーそーさびたん。

多分ですけど、私が日本語で話して歌三線をしただけならそこまでいわれたかなと思います。

ほぼ、うちなーぐちでゆんたくしたからではないのでしょうか。

今の社会は何もかもが日本語で行われます。2019年現在だと80代以上の方々はやはりうちなーぐちを聞けば、昔を思い出し、そして親や祖父母、昔のうちなーを思いだすのではないのでしょうか。

今はどんどん大和化が加速され、もうほとんどうちなーぐちを聞ける状況がなくなってきています。

うちなー島の中南部には人口が100万人以上住んでいます。それなのにメディアや行政、教育界は、私から見ればあまり効果的なうちなーぐち復興に関することを行っていないように思えます。

我ん一人気張てぃん如何んないびらん。一番大切やいびーしぇー、50代から下ぬ若さるっ人ぬちゃーが、うちなーぐち実生活んじ使らんとー、うちなーぐちや残やびらん。

ユネスコが2009年琉球諸島の6つの言語が危機言語だと発表しましたが、どんどん現実味を帯びてきています。

御総様、うちなーぐちどんない使いみそーり。
Date: 2019/11/30(土)


108 「沖縄本島」ではなく「沖縄島」,「本島」「離島」という表現は差別・・・


御総様(ぐすーよー。皆様)、実は数年前から私は大学での講義で「沖縄本島」ではなく「おきなわ島」、「離島」ではなくそれぞれの島の名で呼びましょうと講義してきました。

それを県が議論し、県紙2社もこれを報じています。時代は良い方向に進んでいるように思います。

私が県の行政に言ってもあまり影響はないと思うので、どなたか県の行政や政治に関わりのある方、これから書くことを読んで参考にして頂ければ幸いです。

ようやくこういうことを議論できる時代になったのかと思うので、以前からおかしいと思っていた催しの名称について述べます。

それは「離島フェア」です。

その前に、当たり前の事実の確認です。ユネスコは2009年に琉球諸島には下記6つの言語があると発表しました。

奄美語
国頭語
おきなわ語
宮古語
八重山語
与那国語  です。

言語が存在するというのは国が存在するともいえます。つまり琉球諸島には6つの国が存在しているとも言えるのです。

宮古国の素晴らしい物産、八重山国や与那国の歌や文化など、おきなわ島中部のコンベンションセンターで毎年紹介するのは非常に有意義で素晴らしい催しです。

しかしですよ、そのタイトルが「離島フェア」ですよ。

これでは、私に言わせれば宮古、八重山、与那国などの文化や言語、物産などの全否定に繋がると思っていました。

それがここにきて疑問を投げかける提案がなされ、それを県紙も報じることは非常に喜ばしく、ようやく宮古、八重山、与那国などが、うちなーと同じ文化を持つのだという認識が広がりつつあるのだと思いました。

それでは、おきなわ島から見る久米島や伊江島は離島なのでは?と思うかもしれませんが、逆を考えて見ましょう。

久米島や伊江島から見ると、おきなわ島は離島なのです。

こう考えてみれば分かるように「離島」という考え方は、マジョリティがマイノリティに対しての差別的なものの見方だと言えるでしょう。

じゃあ、離島を何と呼べば良いのか?

考えるまでもありません、その島の名で呼べば良いのです。

「離島フェア」に異議ありです。それでは代替案も述べておきますね。

「琉球諸島フェア」

これで全てが丸く収まります。

記事にもある「本島」という言い方も差別的だということに私も賛成です。「おきなわ島」、もっと世の中がうちなーぐちを大切に思うようになれば「うちなー島」というようになるでしょう。

更に書きたいことは山ほどあるのですが、長くなるので割愛しますが、少し述べます。

「本土」、「内地」ではなく「日本」、もしくは都道府県名や関東、関西などと地域名で呼ぶ。

こういうことも考えるべきでしょう。

なーふぃん、御んぬき欲さいびーしが、うっさ、さびら。

いつまであるか分かりませんが、下記に琉球新報の今回の記事のリンクを貼っておきます。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1017560.html?fbclid=IwAR3sYYJ9VHfQO7RzOaFP7W-beTx2XHFZ35Oc3Aw8fj_CexXHoKsSfv0qFx8
Date: 2019/11/12(火)


107 私が Power Onという日本全国の高校英語教科書に掲載中です!

御総様(ぐすーよー。皆様)

今年2019年も私が教科書に掲載されています。

Power Onという教科書で出版社は東京書籍です。この教科書には2017年4月より掲載され2021年まで5年間掲載予定です。

日本全国の高校1年生対象の英語教科書です。

沖縄県内では宜野湾高校、小禄高校、久米島高校など、あまり普及はしていないようですので、皆さんの近くの高校で採用してもらえるよう、良たさる如、御願さびら(ゆたさるぐとぅ、うにげーさびら。宜しくお願いします)。
Date: 2019/10/26(土)


106 沖縄市のOkinawa MICE Project 2019で歌三線ゆんたく披露


沖縄県の薦めるプロジェクトMICEはご存知ですか?興味がある方は県のウェブサイトを参照ください。説明省略します。

その一つの商談会が沖縄市のミュージックタウンで開かれ、その会の後に意見交換会も設けられ、そこで歌三線ゆんたくを披露してきました。

ただ、この意見交換会ですが半分はタイ、シンガポールなどのアジア人なので、できれば少しは英語を使ってほしいというイベント担当スタッフからの依頼があり、がんばって英語も使いました。

そこそこ受けていたので、我んねー、インジリーぐちん上手なとーんねーすっさー(私はイギリス語も上手になっているように思うよ)。

でも全部出来るわけないから司会にところどころ通訳お願いしました。そしたら私が「うちなーぐち〜」という箇所を「Okinawan Dialect(沖縄方言)」と訳してみんなに伝えているわけ。

はきさみよー、「No no not "Dialect" ,"Okinawan language"(方言じゃないよ、おきなわ語)」と、あわてて訂正させました。

うちなーぐちは「方言」ではありません「言語」です。

訳させる際には気を付けて聞いていないとおかしな訳が飛びだすこともあるので気が抜けないです。

はい、そして最近OIST(沖縄科学技術大学大学院)で講義しましたけど、ここでも95%日本語が分からない受講者だったので、頑張って英語を使いました。

何でこんなに立て続けに英語をどうしても使わないといけない仕事が来るのかな?

これは今まで逃げてきた英語を頑張って勉強しろということだろうか。うん、そうだろう、と思うけど、今のところ、英語を使う仕事は入ってないわけ。だから、やっぱり勉強は難儀(笑)
Date: 2019/10/16(水)


105 すぬいぬ漢字や州海苔やたん! (すぬい⦅もずく⦆の語源がわかった!)

御総様(ぐすーよー。皆様)うちなーぐち(おきなわ語)でもずくのことは「すぬい」といいます。

その「すぬい」の漢字が写真にあるように「州海苔」だと最近『日本国語大辞典 第二版』(小学館)を調べて分かり、長年の私の疑問が解けたのでここに紹介したいと思います。

私はここ数年うちなーぐちの本を出版したこともあり(沖縄語リアルフレーズBOOK 研究社 2015)、うちなーぐちの語源を積極的に調べています。

まず、そもそも「もずく」を「すぬい」というのは子どもの頃から知っていましたが、私のバイブル『沖縄語辞典』(国立国語研究所編)には「すぃぬい」とあります。

これを知ったのが多分10年位前。

本格的に「すぃぬい」の語源を調べようと思ったのが5年ほど前で「すぃ」+「ぬい」の「ぬい」は「海苔」だというのは色々調べて分かっていました。

しかし「すぃ」の部分ですが、これは琉球王国時代の貴族・士族成年男子の発音で女性や子ども、または平民は「し」と発音します。

この「し」の発音は、現在のうちなーぐちでは主流になっていて、「すぃ」と発音するのは組踊などの古典芸能や首里・那覇以外の一部地域のみです。

したがって「すぃぬい」を琉球王国時代の女性や子ども、また平民は「しぬい」と発音していたことになります。

実は1917年首里金城生まれの屋嘉比さんという、ぅんめー(おばあさん)に何年か前に尋ねた際には「しぬい」と発音していたのでその発音を知ってはいました。

そうだとしても、私の養父母は二人とも那覇ん人で「すぬい」と発音していたし、那覇の発音が主流の現在では「すぬい」という発音しか聞いたことがありませんでした。

でも本来は「すぃぬい」?

語頭の「すぃ」は「瀬」かなと思い調べましたが違っていました。なぜ「瀬」ではないかという説明はかなり長くなるのでここでは割愛します。

じゃあ「酢」だろうと思い調べましたが、なかなかそれを裏付ける決定的な証拠がなく、一時保留にしていました。

なかなか語源に行きつけなかった理由は首里の発音「すぃ」と「し」で調べていたからです。

素直に那覇ん人の発音「すぬい」の「す」+「海苔」で調べれば良かっただけです。

辞典の定義が書かれた写真を見てみて下さい。何と首里では「しぬり」だとの掲載まであります。これは歴史的仮名遣いで、発音は「しぬい」です。

そしてその写真の定義△法屬垢里蝓廚蓮屬佞箸發困」の別名で、平安時代末に書かれたであろう『和泉往来』という書物にも掲載がある、と書かれていますね。

「すのり」は千年以上たった今、うちなーで「す(すぃ、し)ぬい」という語として、今でも使われているというすごい歴史があることを知りました。

うちなーぐちの「すぬい」の漢字は「州海苔」だという証拠がここにありますのでぜひ漢字を使って下さいね。

良たさる如、御願さびら(ゆたさるぐとぅ、うにげーさびら。宜しくお願いします)。
Date: 2019/09/30(月)


104 沖縄科学技術大学院大学 The Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST)にて講演

2019年9月27日に沖縄科学技術大学院大学 The Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OIST)にて講演を行ってきました。

私は一応米国に1年半近く留学したことがあるので英語でコミュニケーションはまあ取れます。

ただ、学問的なことを説明する際にはいつも通訳のお世話になっていました。

しかしこの日はなぜか70%くらい英語で話す自分がいました。

自分でもびっくりしました。多分、今年からかなりの頻度で日常生活で英語を使う機会が増えたからでしょう。

英語もそうですが、私がうちなーぐちの講師になれたのも、うちなーぐちを話す相手を探してかなりの時間を割いたからです。

言語を上達させるには、とにかく会話をたくさんすることが大切で、さらにその言葉の持つ意味を徹底的に調べましょう。そうすれば自ずから上達すると思います。

でも私は英語はほとんど調べないんですよ。だからいつまでもあまり伸びないかも(笑)

しかし、うちなーぐちはなぜか徹底的に調べないと気が済まないのです。
多分、私の脳のどこかにうちなーぐちを徹底的に調べたいスイッチがありそこが常にONになっているのでしょう。

英語もうちなーぐちくらい調べようという意欲があったなら多分、米国や英国などの大学などで教えたり、世界中で講演活動ができるだろうなあ、とは思います。

でも、やらないんだよなあ(笑)脳のスイッチが英語はONにならないんだよなあ。


はい、写真ですが日本人は5、6人くらいで後は米国、英国、仏国、中国、インドなど多くの国の方が参加していました。

最後はお決まりのカチャーシー。スタッフにうちなーんちゅがいたので歩っちゃ舞(今は即興踊りも”かちゃーしー”という)をその場で教え、それをまねて皆踊ってました。
Date: 2019/09/28(土)


103 うちなーの80代以上の歩っちゃ舞はHeavy metalのmosh!?

御総様(ぐすーよー。皆様)、Heavy metalの"mosh"って知っていますか?

私は三線歴25年になりますがいつも思うことがあります。

2019年現在だと大体80代以上になりますが、いわゆる、うちなーぐちも、うちなー文化も、生まれてからある一定の年齢になるまで受けてきた世代が、かちゃーしーの音を聞いたときに踊る姿は、とても80代とは思えないです。

何と表現して良いのか、あえていうならばヘビメタのmoshのような、それくらい、場の空気が変わり、大和化で消えてしまった、本物のうちなーここにあり!というような、言葉では表現しにくいのですが戦前のうちなーにタイムスリップしたような感覚になることがあります。

20年前ならば60代の方が現在80代ですが、20年前からかちゃーしーが終わると、施設などの職員や関係者たちに

「普段踊らない人が踊った」
「車椅子のあの人が立って踊った!」
「信じられない、普段寡黙なあの人が踊りまくっている!」

などと良くいわれてきました。

今回も言われました。

琉球の中のうちなー、そこにはかちゃーしーという三線の速弾きの曲があり、その曲に乗せて踊ることを昔は「歩っちゃ舞(あっちゃめー)」といいました。今は踊りも「かちゃーしー」といいますけど。

そのかちゃーしーが戦前までのうちなーでは色々なところで踊り、聞く状況がたくさんあったでしょう。

その文化を体験してきた世代ももう80代です。後、何年私は本当にうちなー文化を体験してきた大先輩方々と接することができるのでしょう。

ここで私はあえて「お年寄り」という言葉を使いません。

なぜかというと私に言わせれば2019年現在、20代くらいの若いうちなーんちゅの方が80代以上の世代とくらべると年寄りに見えるからです。

まず今の20代はかちゃーしーを弾いても恥ずかしがり踊りません。

踊ってもぎこちないし、西洋のダンスなどをまぜたりし、うちなーのあっちゃめーは踊れないし、また、質問してもうつむいたり目を合わせなかったり。

しかし、80代以上の方々に話しかけてうつむいたり目を合わせられなかったりということはほとんどありません。

今の20代を非難しているのではないです。大和教育の負の部分が浸透しているからだと思います。

もうすぐ本物のうちなーがなくなり、大和化したうちなーんちゅ、いやうちなーんちゅでもないかもね。

日本国沖縄県民という日本人のみがこの島に溢れて東京人と同じ発想、同じ考えが大多数となり、うちなーぐちも全く使われずに日本に飲み込まれていく。まあすでにそういう状況ですけど。

私はそれに待ったをかけているつもりですけど。

はい、話を戻して写真は安慶田小学校時代の同級生の両親経営するデイサービス施設での敬老会の様子。

私がかちゃーしーを弾き80代どころか90代の方も立って踊りまくっていました。
Date: 2019/09/23(月)


102 某会社の創立90周年パーティーにてかちゃーしー演奏!



御総様(ぐすーよー。皆様)

今日(2019/8/24土)某会社(写真に社名出てるけど)の90周年記念BBQパーティーで余興を頼まれトリを務めました。

社員総勢600名の会社ですが、皆さん私のかちゃーしーで盛り上がっています。

我んにん、うぃーりきさいびーたん(私も楽しかった)
Date: 2019/08/24(土)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

比嘉光龍オフィシャルサイト

031681
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71